【最大21,450円の損】UQモバイルの最もお得な申し込み方法・料金プラン解説・MNP申し込みの手順

この記事でわかること

・開催中のキャンペーン情報
・申込方法によっては、最大21,450円損!
・店舗申込とWEB申込のどっちがお得?
・各プランの違いと選び方
・UQモバイルとpovoの比較
・MNP申込みの手順と流れ

UQモバイルへの新規契約・MNP契約をお考えの皆様に、
最もお得な申込み方法からMNPの手順まで、
UQモバイルを徹底解説していきます!

povoとUQモバイルで悩んでいる方向けに、用途別のオススメをご紹介しています。
すべてにおいて、UQモバイルがオススメではありません!
場合によってはpovoの方が良いです!

それでは、2021年9月のキャンペーンからご紹介していきます。

2021年9月開催中のキャンペーン

2021年9月の申込みで適用可能なUQモバイルのキャンペーンをまとめていきます!

【SIMのみ契約】最大21,450円端末割引特価

UQモバイル公式WEBサイト限定で、最大10,000円のキャッシュバックキャンペーンが開催中です。
UQモバイル店舗よりも、最大21,450円割引となっていますので、端末セット契約の場合、UQモバイル公式サイトからの申込みが一番お得となっています。

SIMのみ契約で最大10,000円キャッシュバック!

キャッシュバックキャンペーンの詳細は下記、UQモバイル公式サイトより、ご確認ください。
https://shop.uqmobile.jp/shop/

※キャンペーン終了時期やキャッシュバック金額などは、随時変更となる可能性がございます。
※最新情報は、上記公式サイト記載の内容・条件をご確認ください。

【端末セット】最大21,450円端末割引特価

UQモバイル公式WEBサイト限定で、端末が特別割引価格で販売されています。
UQモバイル店舗よりも、最大21,450円割引となっていますので、端末セット契約の場合、UQモバイル公式サイトからの申込みが一番お得となっています。

GalaxyもAQUOSも、一括550円で買える!

https://shop.uqmobile.jp/shop/

※特価対象の端末は、売り切れや終売に伴い変更となります。
※最新の対象端末は、下記、UQモバイル公式サイトより、ご確認ください。

店頭価格とWEB価格の比較に関する詳細は、下記サイトにて解説されています。
端末価格比較 WEB vs 店舗

【6,000円分】UQでんき加入キャンペーン

東京電力・関西電力等の大手電力会社をご利用中の方なら、乗り換えだけで電気料金が最大5%OFFとなる「UQでんき」のキャンペーンが開催中です!
さらに、「UQでんき」を契約すると、「でんきセット割」が適用可能となるので、断然お得です!
※でんきセット割の詳細は、すぐ下で解説しています。

「UQでんき」ご加入キャンペーン

「でんきセット割」適用時の月額料金

UQモバイル くりこしプラン
S M L
通常月額 1,628円 2,728円 3,828円
でんきセット割 -638円 -638円 -858円
でんきセット割
適用時の月額
990円 2,090円 2,970円

「UQでんき」は加入すべき?

オール電化や夜間帯など特定の時間帯がお得な料金プランの電気を契約している方は、そのままの方がお得なケースが多いです。

もし、大手電力会社で「従量電灯」プランをご契約中の方であれば、「UQでんき」に乗り換えることで実質5%割引となります。
筆者はもともと、東京電力の従量電灯プランでしたが、「でんきセット割」が始まったこともあり、「UQでんき」に乗り換えました!

電気代の実質5%はそこまで大きくないですが、「でんきセット割」による恩恵がめちゃめちゃ大きいです。
プランSで言えば割引率 約40%、しかも家族全員が対象なので、かなりお得です。

店頭契約とWEB契約、どっちがお得?

SIMのみ契約・端末セット契約ともに、WEB契約の方がお得になっています。
端末価格は、店頭の方が断然高く設定されており、UQモバイル公式サイトが最安値となっていますので、端末セットの場合には間違いなくWEB経由での申込みがお得です。

大手家電量販店では、オプション付与やMNPを条件として、UQモバイル公式サイトと同価格に並べて来ていますが、UQモバイル公式サイトより安い価格設定は一度も見たことがありません。

UQスポットなどのUQモバイル店舗に関しては、当ページ上部でご紹介した通り、24,150円高く販売されている事例もあります。
店舗維持費・店頭スタッフの人件費・各種什器費などを考えると、至極真っ当な価格設定かと思います。
ただ、いち消費者的目線で考えると、店舗でわざわざ高い金額を払って購入したスマホとオンラインで購入したスマホに、全く違いはないので、どちらで契約したほうがお得かは明白です。

全国のauショップでも、UQモバイルの取扱いが開始となりましたが、コロナ禍での入店者数制限・人員削減に伴い、入店予約がほぼ必須の空気感もありますし、来店予約なしではかなりの待ち時間が想定されます。

総務省による改正電気通信事業法の施行に伴い、値引き制限がかなり厳しく張られている現在においては、店頭申込のメリットが全くありません。
以前は、店舗や併売店によっては、独自の高額キャッシュバックや一括0円!など、店頭申込の魅力がありましたが、それはもう過去の話です。

UQモバイルの料金・オプション解説

UQモバイルの料金プランを解説していきます!

料金プラン

UQモバイルの料金プランは、「くりこしプラン」のみ!
非常にわかりやすいのが特徴で、容量別にS/M/Lから選択できます。

料金
プラン
くりこしプラン
S M L
容量 3GB 15GB 25GB
月額料金 1,628円 2,728円 3,828円
でんきセット割
適用時の月額
990円 2,090円 2,970円
節約モード
の速度
300Kbps 1Mbps 1Mbps
キャッシュバック
(SIMのみ契約)
新規:3,000円
MNP:6,000円
新規:3,000円
MNP:10,000円

料金と容量以外にも少し違いがあります。
UQモバイルではau回線の高速通信が利用できる「高速モード」と、低速通信となる代わりに容量消費ゼロで使い放題となる「節約モード」を「UQポータルアプリ」からいつでもワンタップで切り替えが可能です。

この「節約モード」に設定している時の速度に違いがあります。
やっぱり1Mbpsになると、Youtubeも容量消費なしで見放題なので、使い勝手は抜群に良いです!
参考動画:300Kbpsと1Mbpsの比較

あとは、MNPでのSIMのみ契約時にもらえるキャッシュバック額にも開きがあります。
もし、MNPでSIMのみ契約する場合で、くりこしプランSを契約予定の場合であっても、くりこしプランMを契約する方がお得です。
契約後、くりこしプランSへプラン変更する方が断然お得になります。

オプション

通話オプションや各種オプションを解説していきます。
オススメは特にありませんが、唯一、オススメしていないのが、「セキュリティサービス」。
普通に、Amazon等で「Esetスマートセキュリティ」などを買う方が断然安いです。

オプション 月額料金 内容
電話基本パック 418円 ・留守番電話
・キャッチホン
・迷惑電話撃退
割込通話サービス 220円 キャッチホン
メールサービス 220円 キャリアメール
(@uqmobile.jp)
UQあんしんサポート 385円 スマホ・PC・周辺機器等
電子機器の遠隔サポート
セキュリティサービス 319円 ウィルスバスターモバイル
auスマートパス
プレミアム
548円 エンタメ+クーポン+
安心+便利+1GB
UQ with HOME 539円 各種 IoT

端末補償

UQモバイルの端末補償を解説していきます。
4種類の端末補償が用意されています。

  1. iPhone用端末補償(Apple Care)
  2. au Certified iPhone 用端末補償
  3. Android用端末補償
  4. 持込み端末用補償

1~3番は、UQモバイルで販売されている端末に付けられる補償。
4番は、SIMのみ契約時に、手持ちの端末に掛けられる補償です。

XperiaやGalaxyなどのフラッグシップモデルなど、高価な端末をお使いの方には、非常にオススメなのが、この持込み端末用補償です。(つながる端末補償)

キッズスマホ向けオプション

キッズスマホ向けのオプションがこちら!
UQモバイルは、キッズスマホ向けのセキュリティ・フィルタリング・GPSによる位置情報追跡・SNS上でのいじめ検知などのオプションがしっかりと揃っているので、小学生向けのスマホとしてもかなりオススメです。

オプション 月額料金 内容
あんしんフィルター 無料 フィルタリング
有害サイトのブロック
家族みまもりパック 418円
(通常550円)
みまもりサービス

Filii
セット割引
みまもりサービス 220円 GPSによる位置情報追跡
帰宅通知や到着通知も
Filii 330円 SNSでのいじめ検知
SNSでのつながり分析
スマホ利用状況分析

キッズスマホとして利用するなら、オススメなのが、「家族みまもりパック」です。
GPSでの位置追跡サービス「みまもりサービス」と、SNSでのいじめ検知サービス「Filii」の2つがセットになって、418円というお得なセット料金が適用となります。

キャリアでは、GPS追跡オプションを利用するにあたって、月額料金に加え、位置情報検索する度に、従量課金という二重の支払いが発生しますが、UQモバイルの場合、何度検索してもOK。月額料金の支払いのみでOKなのも有り難いです。

また、UQモバイルでは、キッズスマホに必須である、アダルトサイト・出会い系サイト・グラビアサイト・違法サイトなど、青少年の育成に有害となり得るサイトへのアクセスを禁止するフィルタリングサービス「あんしんフィルター for UQmobile」が無料で利用できるのも嬉しいポイントです。

シニアスマホ向けオプション

シニアスマホ向けのオプションがこちら!

オプション 月額料金 内容
みまもりサービス 220円 GPSによる位置情報追跡
帰宅通知や到着通知も

認知症などで、徘徊してしまう両親などをGPSで見守れるオプション「みまもりサービス」がオススメ。
あとは、如何にスマホを常備させるかが肝になりますね。

povoの方が向いてる方はこんな方

UQモバイルとpovoを比較したときに、povoの方がオススメなケースもあります。

通信速度にこだわる方

UQモバイルも他社の格安SIMと比較すると、圧倒的に高速ですが、それでも実効速度は、povoの方が若干速いです。
通信速度にかなりこだわりのある方は、povoの方が良いでしょう。

参考動画:UQモバイル・povo 実効速度比較

ただし、普通に動画視聴したりする程度であれば、まったく通信速度の差は体感できません。
節約モードで容量無制限使い放題となる点を考えると、UQモバイルの方が使い勝手は良いでしょう。

24時間データ使い放題が必要な方

「出張の日だけは、テザリングなどでかなりデータ容量を使う!」
というように、普段はそんなに使わないけど、特定の日だけ数十GB使う!というような方であれば、220円の「24時間データ使い放題」があるpovoが良いです。

UQモバイルでは、節約モード時にデータ使い放題となりますが、プランSで300Kbps、プランM/Lで1Mbpsと速度制限があります。

povoの「24時間データ使い放題」は220円を支払う必要がありますが、4G・5Gの高速通信でデータ使い放題となります。

UQモバイルへのMNP手順解説と流れ


  • MNP予約番号の発行

    まず、現在利用中の格安SIMやキャリアのマイページ・店舗・カスタマーセンターにて、「MNP予約番号」を発行してもらいます。
    一部、格安SIMでは、電話のみでの受付となっていたりします。


  • 2日以内にUQモバイルを申し込み

    「MNP予約番号」の発行から、2日以内にUQモバイルを申し込む必要があります。
    発行から3日を過ぎてしまった場合、「MNP予約番号」の再発行が必要となりますので、ご注意ください。


  • 回線切替手続き

    UQモバイルのSIMカード到着後、UQモバイルのマイページ「my UQ mobile」から、「回線切替手続き」を行います。
    my UQ mobile」で「回線切替」というボタンを押すと、数分~30分程度で回線切替が完了となり、UQモバイルのSIMカードで通話・通信ができるようになります。


  • MNP&解約完了

    上記の「回線切替」完了と同時に、MNP転出元の解約とMNP転入先のUQモバイルの契約が完了となります。
    別途、MNP元の解約手続きなどは必要ありません。